漢方の生薬配合理論その1:増強作用

藤田薬局

072-685-5779

〒569-0803 大阪府高槻市高槻町9-3

営業時間 9:30〜20:00(火曜/水曜/金曜) 9:30〜14:00(土曜/日曜)
定休日 月曜日・木曜日・祝日

漢方の生薬配合理論その1:増強作用

コラム

2018/11/07 漢方の生薬配合理論その1:増強作用

漢方薬はいくつかの生薬を組み合わせてできたものですが、その組み合わせにはいくつかの法則があり、前回『生薬配合理論』として簡単にご説明しました。

今回は、そのうちの1つ「増強作用」について例を出しながら解説します。

漢方生薬の増強作用

生薬を単独で使うよりも、複数の生薬を組み合わせることで、生薬同士が効果を高め合うことがあります。

例えば、有名な葛根湯であれば、桂皮や生姜を組み合わせることで発汗作用、解熱作用が増強されますし、甘草や芍薬を組み合わせることで、緊張を緩めて頭痛や肩こりを和らげる鎮痛作用が増強される、といった具合です。

増強作用を利用した組み合わせには、ある程度定石があり、異なる漢方薬でも同じ組み合わせが出てきたりもします。

 

 

電話番号 072-685-5779
住所 〒569-0803 大阪府高槻市高槻町9-3
営業時間 9:30〜20:00(火曜/水曜/金曜)9:30〜14:00(土曜/日曜)
定休日 月曜日・木曜日・祝日

TOP